エコツーライト

head2

独自技術により、詰まりの原因物質を除去

img6尿素SCRシステム搭載車において、白い固形物によるマフラー詰まり及びデリバリーパイプの詰まりは搭載車の普及と比例して大きな問題となっています。

オプティはいち早くこの問題の解決に取り組み、研究を重ねた結果原因物質は「シアヌル酸」である、と特定しました。

オプティでは、特殊な製造方法(特許取得)を用いることで、シアヌル酸を生成するトリウレットを除去した高品位尿素水「エコツーライト」を完成させました。

これにより、マフラー詰まりを延命することが出来るとともに、トラック修理にかかる時間のロスなどを削減し、運送会社様のトータルコストダウンに貢献しています。

マフラー詰まりのメカニズム

img7

尿素は、製造工程による副生物としてトリウレットが必ず含まれます。

そのトリウレット(分子式:C3N4H6O3)がマフラー内の昇温によりアンモニアを放出するため、詰まりの原因物質であるシアヌル酸へと変化してしまいます。(化学式:C3N4H6O3-NH3=C3N3H3O3)

これを解決するにはトリウレット含有量の少ないエコツーライトを使用するのが一番効果的です。

Copyright(c) 2014 Opty All Rights Reserved.