アイディークリーナー

アイディー・クリーナーを使用するメリット

1. 車輛の稼働時間向上

  1. DPFの自動再生インターバルの向上、再生時間の短縮により業務効率が向上
  2. 点検や修理のために入庫する回数および作業時間が減少することで、車輛の稼働時間が向上
  3. 手動再生回数が少なくなることで車輛の稼働時間が向上

2. メンテナンス費用の削減

  1. インジェクター、DPFの寿命が向上するため、部品交換費用が軽減
  2. 部品の交換作業工賃、点検費用、清掃費用が軽減

燃料タンクに入れるだけ!

この1本で2つの効果

  1. インジェクターの詰まり物質を除去
  2. DPマフラーの詰まりを除去・防止

1L缶:12本入り(C/S) 単価:オープン
500ml:20本入り(C/S) 単価:オープン

使用量の目安(100Lの燃料タンクに対して500ml)

燃料タンク容量 100L 120L 160L 200L 300L 400L 460L
クリーナー添加量 500ml 500ml 1L 1L 1.5L 2L 2.5L

TEL 059-363-2512

お問合せはこちら

こんな現象が出たらIDCで解決

こんな現象が起こったらインジェクターの詰まり

  1. 車の振動や異音が大きくなった
  2. 出力、加速性能が悪くなった
  3. 燃費が悪くなった
  4. 黒煙や白煙が多く発生する
  5. 始動時にエンジンが掛かりにくい
  6. エンジンが突然停止する

インジェクターの汚れはどこから来るのか?

  • 燃料に含まれている低温流動性向上剤を主とした様々な成分が変化し、汚れとなる
    *ニードルの作動不良につながる
  • 燃焼によるカーボンや酸化物がインジェクター先端に付着する
  • エンジンオイルの蒸発油が酸化物を作り付着する
    *噴射ノズルの閉塞(穴詰まり)による不完全燃焼

付着したデポジットを改善するために

最新のインジェクターにはDLCコート(撥水性に優れている)を使用しているために、付着物の組成が変わり、従来のクリーナーでは汚れが取れなくなっています。

アイディー・クリーナーは、DLC加工したインジェクターはもちろんのこと、旧タイプのインジェクターに付着したデポジットの洗浄も可能にしました。

TEL 059-363-2512

お問合せはこちら

ディーゼル車ユーザーがDPF関連で困っていること

    1. エンジンチェックランプ(煤の過捕集等)の点灯や点滅
    2. 頻繁にDPFの再生未完了が起こりランプが点灯
    3. 再生インターバルが短く再生時間の長時間化頻繁に起こる
    4. 白煙や黒煙が多量に発生する

酸化触媒の前面にデポジットが付着して
詰まらせることが主な原因

アイディー・クリーナーは燃料触媒液を添加しているため、酸化触媒およびDPFに付着した有機化合物を燃焼させます。通常の煤は300~400℃で燃え始めますが、燃料触媒液の効果で200℃から煤が燃え始めます。また、アイディー・クリーナーは燃えやすい煤をデポジットの表面に付着させ、さらに燃焼温度を上昇させる溶液を添加したことで触媒周辺の温度を上昇させます。こうしたことから付着したデポジットは燃えて低減します。

TEL 059-363-2512

お問合せはこちら

Copyright(c) 2014 Opty All Rights Reserved.